「お金が払えないともなると、ここまで態度が変わるんですね」

20年前、営業先の社長が私にそう言いました。

この言葉は私の胸に深く突き刺さり、忘れることができない言葉となりました。

金融会社の営業職だった私は中小企業にお金を貸す仕事をしていました。

お金を返せなくなった会社には、再三の督促電話をし、会社に出向き、お金に変えられそうなものを差し押さえることさえ、してきました。

ある日、上司と共にトラックに乗り、社長の会社に差し押さえに行きました。そして、懇意にしていた社長が私に言ったのが、冒頭の言葉です。

その時に決めたこと。

中小企業に寄り添い、経営状態が良いときも苦しいときも見方でいる!

だから、私は

事業がうまくいかない、なかなか成果が出ないときも

事業が軌道に乗り、ぐんぐん成長しているときも

となりで、一緒に考え、一緒に悩み、一緒に答えを探しながら、寄り添う税理士でありたい。

お客様、事務所のスタッフ、協力してくださるすべての方に、この想いを込めています。

                                税理士 伯母敏子